新着情報&トピックス

  •  アゴラ 第343号を発行しました。

    1面:55年の歳月を経て、再びの万博
    2面:新春の風景から-祝 新成人・商工会議所互例会
      :シニア向け社会人セミナー
    3面:みんなの夢AWARD in 四条畷
      :防災フェスタ2019
    4面:高井NOW 骨粗鬆症と骨折 その2
      :西川クリニック便り 大豆イソフラボンと補完代替医療
    5面:さよならムーブ21
      :シヴィルバーでのひと時
    6面:食卓の風物詩 いなり寿司
      :植物園の季節便り ベトナムの黄花ツバキ
    7面:ぶらっと関西 昭和ノスタルジーを探して
      :読者プレゼント

    詳細はこちら
  •  【最新号】月刊アゴラ 第343号を発行しました。
  •  【編集後記】第343号 編集後記を公開しました。

第343号 編集後記

2010年、日本学術会議での「持続可能な世界とは何か」の提言で「地球は有限であり、無限の成長は不可能だからこそ、科学的根拠をもとに、
将来世代にわたって全人類が地球の生命維持システムの恩恵を享受できることが重要」だと限りある地球資源と環境問題についての課題が示された。
大阪・関西万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。万博の意義は世界各国の科学技術の枠が一堂に展示公開され、国際交流も図られる晴れやかなステージだ。
だが、万博を起爆剤にして景気回復と、意気軒高に盛り上がるだけでなく、今一度、持続可能な社会を目指し、地球上のすべての「いのちが輝く」未来デザインの万博になることを期待したい。

(安)