新着情報&トピックス

  •  アゴラ 第354号を発行しました。

    1面:和楽器演奏の饗宴
      :寝屋川ものがたり「まるで、はちかづきみたいだっ!」
    2面:市長の新年メッセージ
      :電気で遊ぼう 電気で学ぼう「子どもゆめ基金助成活動」
    3面:高齢者の暮らしを支える「乗り合いワゴン」始動
      :かたいNOW いま話題の再生医療とは?
    4面:新年名刺広告
      :まーぼー通信 令和2年は、どんな年にしたいですか?
    5面:新年名刺広告
      :ひろば
    6面:食卓の風物詩 百合根/ユリネ
      :韓食ワンダーランド 北韓地方のお雑煮
    7面:ぶらっと関西 京街道途中下車の旅
      :新春開講「矢嶋博士短歌・俳句塾」
    詳細はこちら
  •  【最新号】月刊アゴラ 第354号を発行しました。
  •  【編集後記】第354号 編集後記を公開しました。

第354号 編集後記

「深刻な問題を抱えたときに、日本人はいつもそれに立ち向かい克服してきました。しかし、相互依存の中にあって、日本だけを見ていてすべてのことを克服していくことはできません」(国際協力機構 -JICA より)元国連難民高等弁務官・緒方貞子さん。
「100の診療所より、1本の用水路を」。山岳部に住む貧しい人たちが簡単な病気で亡くなっていくのを見て、病気の背景には食料不足と栄養失調があると、戦地のアフガニスタンで用水路建設をされたペシャワール会現地代表の医師・中村哲さん。
「命の重み」に格差はない。平和現場主義を貫き通された故人の崇高な魂に頭を垂れるのみだ。
(安)