新着情報&トピックス

  •  アゴラ 第345号を発行しました。

    1面:投票に行こう!
    2面:4月、スタートダッシュ! 寝屋川市が中核市としてスタート
      :大枝公園、防災公園デビュー
    3面:うちの猫を探して!
      :小学生が関空で外国人旅行者をおもてなし
    4面:西川クリニック便り 月経前に気分が落ち込むことはありませんか?
      :ささき皮ふ科 難治性の皮膚病に最新治療
    5面:アイ・アイ・ランドでランチしませんか?
      :韓食ワンダーランド ソウルからの味自慢 鰰煮付け
    6面:まーぼー通信 携帯電話の歴史!昭和から平成
      :吐息れんれん 愛情と無関心
    7面:ぶらっと関西 昭和ノスタルジーを探して
      :読者プレゼント

    詳細はこちら
  •  【最新号】月刊アゴラ 第345号を発行しました。
  •  【編集後記】第345号 編集後記を公開しました。

第345号 編集後記

4月は、会社や学校などでは新しい年度が始まる。年度替わりは、新年の幕開けには感じないある種の緊張感に襲われる。
新聞発行人としての責任感とでも言えようか。「ひと、もの、こころ」をつなぐ地域情報紙」を標榜しているものの、果たしてどれだけ読者の役に立っているのだろうか。
マンネリ化に陥っているのではないかと、仕事の意欲を高める意味もあり、年度末の3月に市民健診と、がん検診も受けた。
まじないのつもりだったが「胃に影が…」との医師の言葉。杞憂に終わったが、囚人気分で再検査を待った期間、不思議にも、他者への想いばかりが頭をよぎった。
人生を彩った幾多の人との縁は、仕事よりも代えがたい財産であることと知った。

(安)