新着情報&トピックス

  •  アゴラ 第352号を発行しました。

    1面:愛犬の健康を守る!アニマル整体の達人
    2面:先生の雑用、サポートスタッフが引き受けますよ
      :「いじめゼロ」を目指す
    3面:MOKUプロジェクト グッドデザイン賞受賞
      :11月24日、「なわてフェス」開催!
    4面:新連載 ありよしセミナーが始まります!
      :ずっと元気にこの街で vol.23
    5面:妖精物語「コナン・ドイルの父の日記」
      :西川クリニック便り「妊娠しやすい身体づくり」
    6面:おもひでシネマ「突破口!」
      :同じお味噌?!ラップに込められた愛
    7面:AGORAプレゼント
      :AGORAイベント情報 information
    詳細はこちら
  •  【最新号】月刊アゴラ 第352号を発行しました。
  •  【編集後記】第352号 編集後記を公開しました。

第352号 編集後記

 「人間を助けることが何より大事」。故元国連難民高等弁務官・緒方貞子さんの言葉は明快だ。防弾チョッキにヘルメットでの現地入りの姿からは、紛争を繰り返す場所にいる悲壮感は伺えない。なぜ?その柔和な笑顔だ。ルワンダ難民のこどもたちが差し出す手を握り返す。その肌感がこちらに率直に伝わる。一方、形式的に原発事故被災地をスーツ姿で訪れたり、台風水害の現状を考察することもなく、「何事もなく治まった」と言い切る想像力のない人がいる。亡き緒方さんには、今の日本の政治家はどう映るのだろう。曽祖父の犬養元首相の理不尽な死。五・一五事件は彼女が戦争を回避する肝のような気がする。
(安)